Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議なこと

実は 昨日ひーばーちゃんの お葬式でした

享年99歳

あれ?っと思われる方もいるかも

実は 3年前になくなったひーじーちゃんとおじいちゃんは

長男と末っ子という関係

昔は 長男に子供がいないと こういう養子縁組が良くあったそうです

私は生まれたときからひーじーちゃん ひーばーちゃん おじいちゃんおばあちゃんがいる家庭で育ちました

家の息子たちに至っては おーじーちゃんおーばーちゃん ひーじーちゃん ひーばーちゃん 

じいちゃん ばあちゃん と呼び分けるという わけの分からない状態でした

そのひーばーちゃんに あったのはつい10日前

食欲が落ちて病院に入院したというのでお見舞いに行くと 

ご飯も食べれるようになっていましたし おしゃべりも出来きました

連れて行った息子がかわいくてしょうがない様子でした

病院の先生も1週間もすれば退院ですよ~とのこと

そして2日後 母がお見舞いに行ったときに

ばーちゃんは不思議なことを言ったそうです

「目をつぶると死んだじーちゃんが肩をたたくだに 目を開けるとおらんだよ」

じーちゃんが死んで3年 1度も夢に見たことのないじーちゃんが ばーちゃんを訪れるようになったそうです

その4日後の朝8時

数値が少し下がっているので念のため病院に来てくださいと知らせが・・・

父母が 病院に着いた時には 息をしていなかったそうです

寝ている間に 逝ってしまったようです

生きている間 私から見ても決して幸せそうに見えなかった ばーちゃんでした

明治生まれのじーちゃんと 大正生まれのばーちゃんに子供がいなかったこと

それがあの時代 どんなにつらいことだったか

家庭内のことですので 書くことは出来ませんが

苦しいこともあっただろうと思います

でも 神様は きっと見ていて下さったのでしょうね


じーちゃんがなくなったのも享年99歳でした

なくなった時期も同じ位

そして 葬儀は偶然にも私のお休みの火曜日でした

生まれる日も 死ぬ日も どちらも自分のことなのに 自分でどうすることも出来ない日なのにね

不思議でした

身内がなくなると しばらくしてから 私の夢に現れることがあります

それは 願望なのか 何なのか

大概 夢の中で 伝言を託されます

母の母がなくなったときには こういわれました

「お母さんにな ありがとうといってくれ もうかなしまんでくれ わかっとるから」

お母さんに直接会って言ってと 頼むと

「連れて行きたくなるから 会わん」といわれました

15年もまえのことですが 鮮明に覚えています

さて ばーちゃんは私の夢に現れるでしょうか
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

寛太の母ちゃん

Author:寛太の母ちゃん
捨てられてしまったワンコだった寛太・・・いろんな人の手助けで我が家の大事な家族になりました。
我が家に来たのは2009年5月19日

最新記事

最新トラックバック

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。